VeraCrypt
aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/Translations/Language.ja.xml
diff options
context:
space:
mode:
authorMounir IDRASSI <mounir.idrassi@idrix.fr>2019-01-28 13:58:41 (GMT)
committerMounir IDRASSI <mounir.idrassi@idrix.fr>2019-01-28 16:16:33 (GMT)
commitcdd1179c63bb892696adfad1818d65e3026916ca (patch)
treee2d7265440b8cc51ca544d2c2412041b0d18439d /Translations/Language.ja.xml
parent54e46c260cf04861c99d8b2590999c1eb33f0cb1 (diff)
downloadVeraCrypt-cdd1179c63bb892696adfad1818d65e3026916ca.zip
VeraCrypt-cdd1179c63bb892696adfad1818d65e3026916ca.tar.gz
Increase password maximum length to 128 bytes from 64 bytes
Diffstat (limited to 'Translations/Language.ja.xml')
-rw-r--r--Translations/Language.ja.xml10
1 files changed, 5 insertions, 5 deletions
diff --git a/Translations/Language.ja.xml b/Translations/Language.ja.xml
index 7645f32..dfde6c8 100644
--- a/Translations/Language.ja.xml
+++ b/Translations/Language.ja.xml
@@ -618,12 +618,12 @@
<entry lang="ja" key="NONSYS_INPLACE_ENC_RESUME_PASSWORD_PAGE_HELP">非システムボリュームのその場での暗号化処理に復帰するため、パスワードを入力(またはキーファイルを指定)してください。\n\n\n注:「次へ」をクリックすると、VeraCryptは暗号化処理が中断されていて、与えられたパスワードあるいはキーファイルで復号できるすべての非システムボリュームを検索します。もし複数のボリュームが見つかった場合は、次のステップでその内の一つを選択する必要があります。</entry>
<entry lang="ja" key="NONSYS_INPLACE_ENC_RESUME_VOL_SELECT_HELP">ボリュームリストから一つ選択してください。このリストには、暗号化処理が中断されていて、与えられたパスワードあるいはキーファイルで復号できるすべての非システムボリュームが含まれています。</entry>
<entry lang="en" key="NONSYS_INPLACE_DEC_PASSWORD_PAGE_HELP">Please enter the password and/or keyfile(s) for the non-system VeraCrypt volume that you want to decrypt.</entry>
- <entry lang="ja" key="PASSWORD_HELP">質の良いパスワードにすることが非常に重要です。辞書に載っているような単語一つだけにしたり、あるいはそれを三つ四つ組み合わせた程度のものは避けるべきです。また何らかの名前や誕生日なども含ませるべきではありません。それは簡単に推測されてしまいます。 良いパスワードとは、大文字や小文字、数字や記号( @ ^ = $ * + など)をランダムに組み合わせたものです。またパスワードの長さは20文字以上を推奨します(長い方がより良いです)。設定可能な最大長は64文字です。</entry>
+ <entry lang="ja" key="PASSWORD_HELP">質の良いパスワードにすることが非常に重要です。辞書に載っているような単語一つだけにしたり、あるいはそれを三つ四つ組み合わせた程度のものは避けるべきです。また何らかの名前や誕生日なども含ませるべきではありません。それは簡単に推測されてしまいます。 良いパスワードとは、大文字や小文字、数字や記号( @ ^ = $ * + など)をランダムに組み合わせたものです。またパスワードの長さは20文字以上を推奨します(長い方がより良いです)。設定可能な最大長は128文字です。</entry>
<entry lang="ja" key="PASSWORD_HIDDENVOL_HELP">隠しボリューム用のパスワードを入力してください </entry>
<entry lang="ja" key="PASSWORD_HIDDEN_OS_HELP">隠しOS用のパスワードを入力してください(つまり隠しボリューム用です)。 </entry>
<entry lang="ja" key="PASSWORD_HIDDEN_OS_NOTE">重要:このステップで設定される隠しOS用のパスワードは、他の二つのパスワード(つまり外殻ボリュームおよび囮OS用のもの)とは大幅に変えておく必要があります。</entry>
<entry lang="ja" key="PASSWORD_HIDDENVOL_HOST_DIRECT_HELP">隠しボリュームを作って入れたいボリュームのパスワードを入力してください。\n\n「次へ」をクリックすると、VeraCryptはそのボリュームのマウントを試みます。ボリュームがマウントされるとすぐにクラスタービットマップが走査され、ボリューム終端からどれだけ連続した空き領域があるのかが測定されます。その領域は隠しボリュームの格納場所であり、これによって隠しボリュームの上限サイズが決まります。クラスターマップの走査は、隠しボリュームによって外殻ボリュームのデータが上書きされてしまわないために必要です。</entry>
- <entry lang="ja" key="PASSWORD_HIDDENVOL_HOST_HELP">\n外殻ボリューム用のパスワードを入力してください。これはあなたが誰かにパスワードを明かすよう強要されたときなどのためのものです。\n\n重要:このパスワードは隠しボリューム用のものとは大幅に変えておく必要があります。\n\n注:パスワードの最大文字数は64文字です。</entry>
+ <entry lang="ja" key="PASSWORD_HIDDENVOL_HOST_HELP">\n外殻ボリューム用のパスワードを入力してください。これはあなたが誰かにパスワードを明かすよう強要されたときなどのためのものです。\n\n重要:このパスワードは隠しボリューム用のものとは大幅に変えておく必要があります。\n\n注:パスワードの最大文字数は128文字です。</entry>
<entry lang="ja" key="PASSWORD_SYSENC_OUTERVOL_HELP">外殻ボリューム用のパスワードを入力してください。これはあなたが誰かにシステムパーティションのすぐ次にある、外殻ボリュームと隠しボリューム(この中に隠しOSが含まれます)の入ったパーティションのパスワードを明かすよう強要されたときなどのためのものです。隠しボリューム(そして隠しOSも)の存在は秘匿されたままです。これは囮用OSのためのものではないことに注意してください。重要:このパスワードは隠しボリューム用(つまり隠しOS用)のものとは大幅に変えておく必要があります。</entry>
<entry lang="ja" key="PASSWORD_HIDVOL_HOST_TITLE">外殻ボリュームのパスワード</entry>
<entry lang="ja" key="PASSWORD_HIDVOL_TITLE">隠しボリュームのパスワード</entry>
@@ -1378,7 +1378,7 @@
<entry lang="en" key="IDC_BOOT_LOADER_CACHE_PIM">Include &amp;PIM when caching pre-boot authentication password</entry>
<entry lang="en" key="IDC_PREF_CACHE_PIM">Include PIM when caching a password</entry>
<entry lang="en" key="IDC_SHOW_DISCONNECTED_NETWORK_DRIVES">Make disconnected network drives available for mounting</entry>
- <entry lang="en" key="PASSWORD_UTF8_TOO_LONG">The entered password is too long: its UTF-8 representation exceeds 64 bytes.</entry>
+ <entry lang="en" key="PASSWORD_UTF8_TOO_LONG">The entered password is too long: its UTF-8 representation exceeds 128 bytes.</entry>
<entry lang="en" key="PASSWORD_UTF8_INVALID">The entered password contains Unicode characters that couldn't be converted to UTF-8 representation.</entry>
<entry lang="en" key="INIT_DLL">Error: Failed to load a system library.</entry>
<entry lang="en" key="ERR_EXFAT_INVALID_VOLUME_SIZE">The volume file size specified in the command line is incompatible with selected exFAT filesystem.</entry>
@@ -1421,8 +1421,8 @@
<entry lang="en" key="IDC_BLOCK_SYSENC_TRIM">Block TRIM command on system partition/drive</entry>
<entry lang="en" key="WINDOWS_EFI_BOOT_LOADER_MISSING">ERROR: Windows EFI system loader could not be located on the disk. Operation will be aborted.</entry>
<entry lang="en" key="SYSENC_EFI_UNSUPPORTED_SECUREBOOT">It is currently not possible to encrypt a system if SecureBoot is enabled and if VeraCrypt custom keys are not loaded into the machine firmware. SecureBoot needs to be disabled in the BIOS configuration in order to allow system encryption to proceed.</entry>
- <entry lang="en" key="PASSWORD_PASTED_TRUNCATED">Pasted text truncated because the password maximum length is 64 characters</entry>
- <entry lang="en" key="PASSWORD_MAXLENGTH_REACHED">Password already reached its maximum length of 64 characters.\nNo additional character is allowed.</entry>
+ <entry lang="en" key="PASSWORD_PASTED_TRUNCATED">Pasted text truncated because the password maximum length is 128 characters</entry>
+ <entry lang="en" key="PASSWORD_MAXLENGTH_REACHED">Password already reached its maximum length of 128 characters.\nNo additional character is allowed.</entry>
<entry lang="ja" key="IDC_SELECT_LANGUAGE_LABEL">インストール中に利用する言語を選んでください:</entry>
<entry lang="en" key="VOLUME_TOO_LARGE_FOR_HOST">ERROR: The size of the file container is larger than the available free space on disk.</entry>
<entry lang="en" key="IDC_ALLOW_WINDOWS_DEFRAG">Allow Windows Disk Defragmenter to defragment non-system partition/drive</entry>